キャッシュフロー計算書とは?

キャッシュフロー計算書とは?

経営実績を把握するための会計資料として、損益計算書や貸借対照表などの財務諸表が代表的ですが、これらの資料を見ても“資金の流れ”は把握できません。

資金の流れ=キャッシュフローを知るためには、キャッシュフロー計算書が必要となります。

キャッシュフロー計算書は、損益計算書や貸借対照表ではわからない資金の動きを明らかにする資料です。上場企業や大規模な企業には作成する義務がありますが、中小企業には義務付けられていません。このため会計担当者や税理士などから毎月提出されていないことが多いのが現状です。また、提出されている場合であっても、他にも多くの資料が担当者から提出されるため、関心が薄くなっている場合が多いです。

キャッシュフロー計算書は経営者にとって“資金の動きを把握する大切な資料”です。利益を見るのと同じように関心を持っていただき、キャッシュフロー計算書を見てほしいと思います。

損益計算書と貸借対照表の現預金を結び付ける

キャッシュフロー計算書は損益計算書と貸借対照表を結び付ける会計資料となります。

貸借対照表を2期比較すると、現預金の残高(キャッシュポジション)がどのように変化したか把握することができます。しかし、貸借対照表だけではなぜ現預金が増減したかを説明することはできません。また、損益計算書を見ても、損益計算書は“発生主義”という考えに基づいて記載されています。このため現預金の動きとは差が出てしまいます。

“発生主義”とは下図のような考え方であり、対照的な考え方として、“現金主義”があります。

損益計算書とキャッシュフロー計算書ではこのような違いあるため、当然ですが損益計算書で算出される利益と実際の資金の流れは異なることになります。

キャッシュフロー計算書の読み方

キャッシュフロー計算書では、次のように、大きく三つ分けてキャッシュフローを計算しています。

「Ⅰ.営業活動によるキャッシュフロー」 ・・・ 事業を通して得たもしくは減った資金
「Ⅱ.投資活動によるキャッシュフロー」 ・・・ 設備や投資資産を買った売った
「Ⅲ.財務活動によるキャッシュフロー」 ・・・ 資金の調達や返済の状況

この3つの区分でキャッシュフローを把握し、どのように資金が入っており出ているのかを明らかにします。

このうち、「Ⅰ.営業活動によるキャッシュフロー」では、損益計算書の利益から資金の動きが無く費用として計上した金額を除くことや、売掛金などで残っておりまだ資金が回収されていない金額なども考慮して資金の動きを把握します。

なお、具体的なキャッシュフロー計算書の例については次のようになります。
なお、この例は中小企業向けに項目を少なくしている簡易版の例です。

キャッシュフロー計算書を分析する

事業が安定しているかを判断する材料の一つとして、キャッシュフローの状況を分析します。分析としては次のような視点でキャッシュフローの各項目を見ていきます。

・営業活動によるキャッシュフローの範囲で投資活動や財務活動によるキャッシュフローを賄えているか。
・営業活動によるキャッシュフローは、支払の延期、在庫処分、営業外収入など通常の取引外によるキャッシュインになっていないか。
・投資活動によるキャッシュフローにより事業用資産の更新や取得が継続的になされているか。
・投資活動によるキャッシュフローにおいて、多額の投資がある場合、資金調達や投資額に問題はないか。
・借入金がある場合は財務活動によるキャッシュフローにて返済がなされているか。
※借換えや新規借り入れなどにより返済した分を借りているような運用になっていないか。