キャッシュフロー計算書をやさしく解説します。

キャッシュフロー計算書をやさしく解説します。

(作り方解説あり)

キャッシュフロー計算書とは

「キャッシュフロー計算書」は「貸借対照表」「損益計算書」と合わせて非常に重要な財務諸表の一つです。資金の流れを把握するために非常に重要な資料です。このページでは簡単ではありますが、見方や作り方をわかりやすくご紹介したいと思います。ページの一番下にはExcel(エクセル)無料フォームダウンロードもご用意しましたので是非ご利用ください。

キャッシュフロー計算書の見方

キャッシュフロー計算書は大きく3つの構成で成り立っています。

  • 営業活動によるキャッシュフロー
  • 投資活動によるキャッシュフロー
  • 財務活動によるキャッシュフロー

現預金の出入りをひとくくりではなく、このように3つに分類することでどの活動でどのような現預金の出入りがあるかどうかを分析することが可能です。

キャッシュフロー計算書の種類

営業キャッシュフローを作成する手順において、「直接法」「間接法」と呼ばれる2種類の作成方法があります。個々の資金収支を個別に把握する必要があり手間のかかってしまう「直接法」よりも、実務では大半の企業が「間接法」を採用しています。当ページでも「間接法」での作り方を説明します。因みにですが、「直接法」「間接法」どちらも同じ結果になります。

キャッシュフロー計算書の作り方(間接法)

キャッシュフロー計算書の基本は現預金の流れに着目した資料を作ることから、現預金の増減という観点で資料を作っていきます。記載上のルールも多少知っておく必要があります。下記に基本的な事項について記載しておきますので、是非御社のキャッシュフロー計算書を作ってみましょう!

最初に記載しておきますが、最初は慣れない作業が続くと思います。しかし、一度完成までたどり着けると、なるほど!と理解できるようになります!考え方が整理出来たらそこまで難しくありませんので、頭の体操と考えてクイズ感覚でチャレンジしてみてください。

<あらかじめ用意するもの>
・2期分の決算報告書(例:前期と当期)
・減価償却台帳(固定資産台帳)
・償還明細書(銀行借入金の返済予定がわかる資料) など
・本ページ下部に用意してあるキャッシュフロー計算書エクセル(無料)

ステップ1 貸借対照表の各勘定科目の増減を算出
2期間における各勘定科目(資産負債全科目)における増減金額を算出することで、キャッシュフロー計算書への転記を容易にします。

ステップ2 貸借対照表の各勘定科目の増減を算出
2期間における各勘定科目(資産負債全科目)における増減金額を算出することで、キャッシュフロー計算書への転記を容易にします。

ステップ3 キャッシュフロー計算書への転
「損益計算書からそのまま転記する箇所」や「増減額を転記」項目があります。計算書の基本は税引前当期純利益ですので、これを始まりとして「現預金の増減」を加味していくような手順です。特に実際の作成途中では+-が反転してしまい、その状況では絶対に完成にはいたりません。この項目は+、この項目は-と説明できればよいのですが、一概には言えません。理解いただきたいのは「考え方」ですのでいくつか例示をします。この考え方を理解いただくと、記載も円滑に進むようになります。

例示1 減価償却費
減価償却費の項目は経費にはなっていますが、実際にその金額の現預金支出はありません。つまり税引前当期純利益にその金額を足す修正が必要になります。よって、減価償却費の項目には「+当期減価償却費の金額」を記載します。

例示2 売上債権の増減(資産項目の場合)
売上債権が増加している場合、それに応じた利益はすでに計上されています。しかし売上債権として残っている(現預金にはまだなっていない)ため、この場合は差額分をマイナスして記載します。
逆に売上債権が減少している場合、これに応じた利益は同様にすでに計上されており、且つ今期にその分を回収したことになります。つまりこの場合は差額分をプラスして記載します。

例示3 仕入債務の増減(負債項目の場合)
仕入債務が増加している場合、すでに経費として計上されていますが、未だ支払いを行っていないため、この場合は差額分をプラスして記載します。
逆に仕入債務が減少している場合、今期で支払ったこととなりますので、差額分をマイナスして記載します。

例示4 固定資産の取得
固定資産を取得した場合、現預金の支出が伴いますのでマイナス表示で記載します。
売却をした場合は、現預金の入金が伴いますのでプラス表示を行います。

例示5 借入金の返済金額
借入金の返済金額は元金部分の差額で考えます。現預金の支出を伴いますので、マイナス表示で記載します。借入を行った場合は現預金の入金が伴いますので、プラス表示できさいします。

キャッシュフロー計算書の記載上のルール

営業活動によるキャッシュフローの小計では利息払前・税払前を表示しています。小計以後の営業活動によるキャッシュフローの合計には利息払後・税払後を調整しています。このような記載ルールである為、受取利息及び受取配当金、支払利息項目等は営業活動によるキャッシュフロー内小計前後において2か所出てきます。この2箇所はプラスとマイナスが反転している理由は上記による理由です。

キャッシュフロー計算書のチェックの仕方

すべてのキャッシュフロー計算書への記載が終わったら、営業活動、投資活動、財務活動すべてのキャッシュフローを合算します。この金額は期末の現預金から期首の現預金の差額と一致します。一致している場合、キャッシュフロー計算書は完成です。
一致しない場合、符号が反転してしまっている、金額が間違っているなどが考えられます。貸借対照表の科目すべてをキャッシュフローの計算書に記載する必要があります。どこか記入漏れもしていないかひとつひとつ、焦らず確認してみましょう。

キャッシュフロー計算書の作成のまとめ

いかがですか? 初めて取り組まれる方の多くは、一度ではすんなりと合致しないようです。何度もチェックしていくうちに必ず合致するはずです。そして一番大事なのは、キャッシュフロー計算書を作成することではなく、その作成結果を分析することです。特に重要なのは営業活動によるキャッシュフローで資金を獲得できているかどうかです。万が一出来ていない場合、どこからその資金補てんが出来ているのか。このように3つの構成単位で分析を進めてみてください。

もし作成方法や分析内容で不明な点、不安な点などがございましたら、弊社までご相談ください。

キャッシュフロー計算書のダウンロード

(エクセルファイル)

キャッシュフロー計算書を作成するときに役立つエクセルを無料公開しています。
一つのエクセルデータに「二期比較」と「キャッシュフロー計算書」のシートがあります。
是非のキャッシュフロー計算書作成にお役立てください。
 
ダウンロードを希望される方は、下記のフォームに必要事項を記載してください。 作成者:大橋 尚弘